So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

川鰭市郎は長良医療センター産婦人科のプロフェッショナル [健康]

川鰭市郎(かわばた しろう)という産婦人科のプロフェッショナルがいます。 現在、岐阜県岐阜市の長良医療センターの周産期診療部の部長を務めています。

川に鰭(ひれ)とい字を書いてカワバタと読むのは珍しいですね。


スポンサードリンク








プロフェッショナル川鰭市郎とは


川鰭氏は1955年生まれで現在59歳(2014年現在)になります。

京都府出身で兵庫医科大学を卒業し、
京都府立医科大学、
岐阜大学婦人科を経て

現在の国立病院機構の「長良医療センター」の部長です。

川鰭市郎は長良医療センターの看板医師


長良医療センターは2005年に「国立病院機構長良病院」と「国立病院機構岐阜病院」が併合されて誕生した病院です。


診療科15
病床数465床を有する大病院で

岐阜大学病院を除くと、岐阜県下で随一の規模を誇る病院です。

こちらに務める医師として
フジテレビの『最先端医療が奇跡を起こす!最強ドクターが救った命と家族の絆スペシャル 及びその続編の 最先端医療が奇跡を起こす!最強ドクターが救った命と家族の絆スペシャル2』で川鰭医師が取り上げられたこともあるようです。


川鰭市郎が産婦人科のプロフェッショナルの理由


川鰭市郎医師がプロフェッショナルと言われる所以は、
「お腹の中にいる胎児が抱えている病気を治療するエキスパート」だからです。

ここでは、医師が5人体制なのですが、
それぞれの医師が特定の患者さんを担当するのではなく。

全員の医師が全部の患者の主治医として治療にあたっていることが特徴です。

この体制によって常に患者のことを把握している医師がいる状態になるし、
それぞれの医師が休養をとって治療のための活力を養うこともできるといいます。

ハイリスクな産婦人科でこのような体制は理想ですね。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。